B-Fine15周年 (07/9/12)

先日あるメンバーに
「こんな楽しいチームに入れさせてもらって、隊長にはホント感謝してるんっすよぉ」って言ってもらいました。
初参加の人に 「B-Fineって楽しい!」 とか 「こんなに面白いと思わなかった」って言ってもらったこともあります。
私にとっては、本当に有り難い 何よりの言葉です。

B-Fineが走り始めて15年が経ちました。特に「何年続ける」とか考えたことはありませんが、気付いたら15年です。
時々どこかのチームが数年で解散したり、内部分裂したり、っていう話を聞きますが
ウチがこんなに長く続いてるのは本当に幸いで、嬉しいことだなぁと思うのです。

いつもいつも思ってます。 ウチは「人」に恵まれてるなぁって。
イイ奴ばかり集まってくれるから、こんなに楽しいチームが15年も続くんだなって。 ホント感謝してます。

自分の中にあるのは、人が沢山集まって、みんなで走って、おしゃべりして…っていうのが単純に好き。それだけなんですね。
長く続いてきた最大の要因は、元気で面白くてタフでノリが良いみんながいてくれるから。
「人」に恵まれてるからなんだなぁって、本気でそう思います。

ウチのチームってホント面白いよね。
走ってる時間よりしゃべってる時間の方が長い時があったり、みんな異様にスイーツ好きだったり、
バイクのツーリングなのに 動物園行ったり、海で泳いだり、遊園地で遊んだり、花火やったり…有り得ないよね。
思いつきを思いつきで終わらせないで、ホントにやっちゃうみんなのパワーとノリがスゴイよ。

私の理想に、「みんなで一つのお団子になりたい」ってのがあります。
バラバラになって、終始仲良しグループに分かれて行動しちゃうようなら 集まる意味が無い。
仲良し同士でずっと行動するなら、じゃあ最初からあなた達だけで行けば?って思う。
ご飯食べる時もできれば同じテーブルとか小上がりで食べたいし、芝生でおしゃべりする時も一つの輪になりたい。
もちろん人数が増えてくると物理的に不可能になってくるんだけど、気持ちはいつでもそうです。

これからも「B-Fineって面白い」って言ってもらえるような、他とは一線を画した特別な存在でありたい。
そして賛同してくれる多くの人達に、チームを愛してくれる多くの人達に、
長くここにいて欲しい。 ずっと一緒に楽しんで欲しい。 そして一緒にお団子になって欲しい。