Daytona 955i

97年初期型登場当時、自分は94年の初期型スピードトリプルに乗っていた。
試乗したアルミフレームのスピードトリプルはまるで400ccのような扱いやすさで、ビックバイクの新しい時代の到来を感じさせた。
同時に乗ったデイトナは、ただ前傾のキツさに閉口した記憶しかない。
しかし後に自分が手に入れる事になったのはデイトナの方だった。
GSX−R同様、デイトナも試行錯誤を繰り返した車両で、結果3台のデイトナを乗り継ぐことになった。

DAYTONA日記

カスタム記録
納車、トラブルその他の事
この頃のデイトナはまだ
欧州車としての自覚があった
丸みを帯びて曲線を多用したデザインは
個性的であり大人のスポーツバイクを
感じさせる
その後はすっかり日本車くずれになったが
当時大人気だったDUCATI916を
意識したであろうフロントマスク
ただし全体の丸みにあわせて
柔らかくデザインされている

動物の耳のような愛らしいミラーは
固定式でちょっと不便
後姿がいい
マフラーとホイールが目立つ
下からのアングルがお気に入り

このイエローはメタリックが入っていて
陽に当たるとゴールドに輝く
左から見ても
力強いスイングアームが目立つ

チェーン調整は左右のバランスが不要
凝った造りのアルミフレーム
2本のパイプを曲げて作ったように見えるが
実はいくつかの鋳造パーツの溶接で
成り立っている

夏はフレームが熱くてニーグリップできない
エンジン停止後もファンがしばらく回っている
発熱量はカワサキ以上と思われる
一番好きなのはテール周り
ボリューム感があってグラマラス
テールランプもカウルの曲線にあわせた
非常に凝った形状をしている
カウルの固定はクイックリリースによる
市販車としては非常に珍しい
ただ、クイックリリースだけでは外せず
一部工具が必要となる
興ざめだが盗難対策なのだろう
メーターは当時としては珍しい縦レイアウト
DUCATIの900SSがこんな感じだった

キーシリンダーは欧州車の例に漏れず
安っぽい
個人的にこのロゴは大好き
他のどのメーカーのロゴにも負けない
品の良さとバランスの良さを感じる

タンクは国産車によくあるカバーではなく
タンクそのものが樹脂製で非常に軽い。
スーパースポーツでありながら
ダブルシートであるのも珍しい
タンデムもしたい自分としては
これもお気に入りのポイント
ただし硬くて座り心地は決して良くない
フロントフォークは正立
削りだしのような表面処理とあわせて
形状は非常に凝っている

フェンダーはバンド止めされている
ヒールガードが貝みたいな形で面白い
ただしステップバーは安っぽい
シフトフィーリングは良好
主要諸元
全長...
軸距...
シート高...
乾燥重量...
最高出力...
最大トルク...
燃料タンク容量...
Fタイヤ...
Rタイヤ...
2,115mm
1,440mm
800mm
198kg
130ps/10,200rpm
100nm/8,500rpm
18L
120/70-R17
190/50-R17