B-fineの2021年のツーリングレポートです。

2021年 ツーレポ


第405回 これであなたも石原さとみ
10/24 晴 約250km

たいちょTiger800、ハンスXJR1300、現場NC750X、ランナーNinja650、ザクVulkan-S、トミーH2SX、QMonster1100、Q夫F3、レジんとZX25R、46CBR600RR、岩シューMultistrada、ペッパー750RS、ジャーMultistrada、杉山NC750X、なかたH2SX、もりぞV-Strom650、ますたかNinja400、激アツZZR1100
3日前まで6人の予定が、2日前からあれよあれよと増えて大所帯に。ささがめんこい黄色カブでお見送り。ニューバイクはなかたH2SX。
初参加は杉山さんです…え?14年前に来たことがある?…ちょっと覚えがない…この後衝撃の事実が発覚するのだがそれはまた後の話。

まずは「金麦の坂」へ向かう。マイナーな抜け道を走る。気持ちいい~。
踏切へ行くためには200mのダートを走る必要がある。それを告げた時に、Q・ランナー・ザクが、アウトレイジみたいな顔になった。
数年前に予告なく長いダートを走った時に、Qに「たいちょ殺す」と言われた恐怖体験がよぎる。
でも今回は軽めのフラットダートだったので問題はなく、血は流れないで済んだ。

ここは現在使われてない踏切。各自石原さとみ or 檀れいを降ろして集合写真。
できれば石原さとみの気持ちになって、踏切前で一人ひとりを撮影したかったんだけど、たまに車が通るもんで、諦めてさっさと退散。

ところで、ここは金麦CMで檀れいがロケをした場所なのだが、石原さとみが来た事はありません。
なのにタイトルが「これであなたも石原さとみ」とはコレ如何に、という声が一部ありました。
実は当初「これであなたも檀れい」だったんです。でもどうにも語呂が悪い。元ラッパーの私と致しましてはリズム感を重視する訳ですよ。
「檀れいになる」より「石原さとみになる」の方がみんなのテンションも上がるかなという思惑もある。
「金麦CMロケ地で石原さとみになる」とは言いましたが、「石原さとみがロケをした」とは一言も言ってません。
無罪を主張します!徹底的に戦います!なんたってウチのチームには敏腕インチキ弁護士がいるんですからね!

セイコーマート厚真を経由して、ここから二手に分かれる。

(ここからザクレポ)9人が「生そば 藤」へ。蕎麦は割と田舎蕎麦風でのどごしより歯ごたえが良かった。
地元グルメでランチセットは天ぷらボリュームたっぷり980円也!
珍しいトマト天ぷらなるものがあってパクリといった岩シュー「熱いよ!気をつけた方が良いよ!」セット頼んだ人達に紳士だからきっちり伝えてた。卓が離れて2つだったのをお店の方に確認して繋げて、和やか賑やかあははおほほと楽しく笑って食べたよ。
46がボリュームたっぷりの熱々かしわ蕎麦を頼んで汗かきながら食べて一言「冷たいのにすれば良かった…」。
トミーは蕎麦苦手だけど、優しい心の持ち主なので先週じゃんけんぽんに行ったから、潔く譲ってくれて天丼を食べてた。サンキュー。
もりぞは珍しくランチも参加して卓を繋げたお誕生日席に座った。卓をずらしたら壁によっかかれなくなるとダダをこねた(笑)
みんな楽しく笑って蕎麦や天丼を完食しました。(ザクレポ終わり)

7人は「平取和牛じゃんけんぽん」へ。ところで杉山さんは14年前どんなバイクで参加を? R1100RT…ですか…!?
その瞬間、私とハンスが同時に開眼した。「いたいたー!覚えてるー!」そして同時に「めっちゃ痩せましたよねー!」
聞くと大病を患って体重が20kg落ちたという。これだけ変わったら分からないはずだよ~。
「あの頃はたいちょにスナイパーって呼ばれてました」 私・ハンス「スナイパー!いたいた~!」と爆笑。
決して職業を明かさない事と、殺し屋みたいな顔してるからという理由だったようだ。 Q「相変わらずヒドイですね…」
牛ステーキ丼めっちゃ美味かった~。

岩シューが見つけてくれた「富内鉄道公園」へ。地味だけど、なんか面白い。ノスタルジーを感じるエモい場所だった。
トロッコも動くぞ。チェーンが付いてないから足で蹴る必要があるけど。面白い。銀河鉄道999のような反りあがった線路の前で集合写真。
ここで外コーヒーやっちゃおうか。外で湯を沸かして、待合室でコーヒーをいただく。チョコとコーヒーの組み合わせは幸せ感じるわ~。

夕張へ向かう。途中、止まる予定だった穂別キャンプ場に目を配ったが、見慣れない赤いバイクが一台止まってるだけだったのでスルー。
夕張道の駅で、ますたかと激アツが合流。激アツのバイクは赤いZZR…さっき穂別に止まってたヤツじゃん!
メロンの形をしたメロンパンを買う。キレイな紅葉がある。その下で集合写真を撮って解散。
今日は終始暖かくて、ほとんどが田舎道だったルートも快適に心地よく、キレイな紅葉も沢山見れた。さ、帰って一緒に金麦飲もっ♪
(Report : たいちょ)

第404回 ニセコの紅葉はドンピシャのはずなのだが…
10/12 晴 約220km

たいちょTiger800、みうらZX-14R、激アツZX-14R、きんZZR1400、虎、マネージャーMultistrada、ペッパーH2、ザクVulkan-S
ドンピシャのはずの紅葉を求めてニセコに行くぞ。
前回「仕事に負けた女」として参加できなかったザクは、今回ギリギリで仕事に勝ち、集合時点で既に楽しい気分がダダ漏れてる。
さぁ出発。中山峠は工事が多くて流れが遅い。喜茂別郷の駅を経由して、黒いカレー目的にニセコ駅へ。
駅に入ると…カフェは閉まってる…そんなバカな。定休日は水曜日のはずなのに…閉まっているとは、よもやよもやだ…柱として不甲斐なし。
もうみんなカレーの口になってるだろうから、行先をスープカレー「つばらつばら」に変更。不測の事態が起こってもすぐに変更・移動できるんだから、バイクってスゴイね。

つばらつばら到着。辛さが選べる。3番が普通の中辛位という中で、激アツが15番という攻めた選択。無理して名前のイメージを通さなくてもいいんだよ? そういえば「俺は辛い物しか食わねぇぜ」とか豪語してたみうら氏は?…5番かい!これから星の王子様って呼んでイイっすか?

ジャーが眼鏡について熱く語っている。専門的な解説をしたがるのは、彼の職業が「若狭弁護士」だからだろうか。
ペッパーのバイクは数々の電子制御に守られているらしいのだが、電子制御全解除を一度もやったことがないという。うっそ~。試しに一回くらい全ての制限を解除して、本来の姿を見てみたいというのが自然じゃないか?一度もやったことないって…。「そんなん、せっかく玉置浩二呼んだのに童謡歌わせてるようなもんだぞ」って言っても「童謡でいいんです」などとぬかしやがる。もういい!あのバイク俺にくれ!

さぁ秘密の紅葉スポット「半月湖」へ。丁度散策路から戻ってきたおばさま方に聞くと、片道15分位とのこと。足場の悪い山道と分かった途端にブー垂れる者数名。はぁ~?うっせぇ~うっせぇ~うっせぇ~わ!歩くと言ったら歩くのです!
湖畔まで降りる。キレイじゃん!逆さ富士のように湖面に紅葉が映ってる。素敵。湖面をバックに半月湖のポーズで集合写真。
帰りの方が登りが多い。ゼーゼー言ってる人もいるな。情けないのぉ。激アツなんてこの程度の山道は胸筋だけで登れるぞ。
きんが「綺麗な落ち葉が欲しい欲しい」とダダをこねてる。すると!彼のバイクの上に黄色い落ち葉が乗ってる!よかったね! 更にジャーのトップケースの中にも赤い落ち葉が入ってる!なんて幸運な二人!羨ましいわ!

赤井川側から余市へ向かう。R393は紅葉もキレイで快適に走れた。気持ちいい~。
ワイナリーカフェ&ベーカリーへ。閉まってる…。10/13まで無休となっていたのに…。本日2回目。よもやよもやだ…以下省略。
とりあえず店の外にあるテーブル&チェアに座っておしゃべり。タンデムのタイガー「眠かった~」きん「寝てたけどね」。きんはもはや後ろでグラングランする荷物を積んで走る熟練者だな。いつでもソバ屋になれる。
別のスイーツ候補を探してると、何やら至近距離からスマホが向けられているのが視界に入ってくる。ザクだ。下から煽るように撮影するのはやめてくれ。変顔コレクターかっ!
「アンデリス」に行くことに。本日3回目の「閉まってる」は勘弁してほしいので、確認の電話をしようとしたら、あえて電話せずに行った方が面白いとの声が。お前ら俺にハットトリックさせる気だな?

フルーツ街道を走って小樽へ。「アンデリス」到着…残念ながら…開いてる…。6人で中に入るとプリン大福は7個。ギリ1個づつ買える…と思ったら後から沢山出てきた。ラッキー。みんな複数個買って、次に星見のジェラート屋「パスコロ」へ。外でジェラートを頂いて解散。

今日は楽しかったな。全てがプラン通りに進んだし。ニセコも余市も閉まってると知ってて連れてってるからさ。計画通り。
帰りはまだ明るい空に、うっすらと綺麗な半月が浮かんでた。これも計画通り。
(Report : たいちょ)

第403回 新種目「形」で金メダルを目指す
10/3 曇時々晴 約270km

たいちょTIGER800、ガシオZ1000SX、めーCB1300SB、ゆーEliminator250V、レジントZX25R、ランナーNinja650、
ゲンバNC700X、まーしW800、新幹線46CBR600RR、ますたかNinja400、ペッパーH2R、内山CB400SF、
東京オリンピックで「空手・形」が新種目として話題になりました。 我々も「形」で金メダルを目指します。
日本代表に選ばれた精鋭は12人。果たしてこの中から金メダリストは生まれるのか。
集合場所に行くと、バイクがいっぱい。団体さんが3塊くらい。どれがウチらか分からん。
初参加はめーゆーの友達で演歌歌手と間違われた内山さん。ニューバイクはガシオZ1000SX(2台目)、ランナーNinja650,レジントZX25R。
たいちょが、今女子高生の間でTikTokの次に流行っているという「卓球ものまね」を披露し、メンバーの士気が高まったところで出発。

三段滝。ますたかはここまで。「形」競技に参加できないので、律儀にここで一人だけ「形」を披露。
フォームが美しい。全力を出し切った代償としてブーツが破損してしまったが、選手生命に影響はない模様。
心意気は確かに受け取ったぞ!必ず国立競技場へ届けるからな!

千望峠。
ガシオのバイクにはバンク角センサーがついてるらしいのだが、立ちごけした時にバンク角が89度になっていた、という話に爆笑。
さぁオリンピックのポーズ(形)で写真を撮るぞ。まずはそれぞれがどんなポーズをするのかを見せてもらい、みんなでそれを微調整。
ゲンバが上着を脱ぐ。随分気合が入ってるなと思ったら…日本代表のTシャツを着てる!や…やられた……そこまで頭が回らなかった……。
競技を終え、選手達の表情は やり切った感に満たされていた。 さてこの集合写真、それぞれ何のポーズをしてるか分かりますか?

洋食店シットココ。目の前に沼があるお洒落な外観。着いたら…閉まってる…まぢか…と思ったら、バイクの音を聞きつけたか、店員が慌てて出てきて開店作業。時間的には結構アバウトなのね。でも良かった。トリッキーな入口を抜けて中に入ると、広くてキレイでお洒落な感じ。
2階席へ通された。減量から解放された選手達は、こぞって野菜ゴロゴロメニューを注文。

如何にも富良野って感じの長~い直線道路を走って、フラノマルシェへ。混んでる。まぜアイス、ソフト、饅頭等を頂く。
天気も穏やかで温かく、のんびりゆったりおしゃべり。ペッパーの闇営業問題が発覚。24時間営業なので毎日闇営業をしている模様。今日も帰ったらこれから闇営業だそうです。近々号泣謝罪会見を開いてもらいます。

幾春別で解散。 帰宅後、VARにて「形」の審査。誰が金メダルに輝くのか!?……はい、全員予選落ちです。
(Report : たいちょ)

第402回 東京五輪新種目 灼熱耐久アスロン
7/27 約300km

たいちょTIGER800、ももぢZEPHYR750、あっくすZ1000、きん、とら、KooMT-09Tracer、
まぁしW800、よっしS1000XR、ゲンバNC750X、ゆみこMT-07、ジャーCT110
卓球混合ダブルス水谷・伊藤ペアが、凄まじい試合を制して中国を下し、初の金メダルに輝きました。
勇気をもらった我々アスリートは、今日、日本で一番暑い北海道を、メダルを目指して走り切りたいと思います。

脚をケガしてるジャーマネがハンターカブで厚田まで見送りに来てくれた。ここまで来たんだから、増毛まで行こうと皆で強引に誘い、
結局ジャーは最後まで付き合う羽目に。これさぁ~もうパワハラだよね~。(坂上忍風に読んでください)

海沿いを北上。一気に増毛「まつくら」へ。皆が海鮮丼を頼む中、ゲンバがカツ丼を頼むという挑発的な行動に。相手を揺さぶる作戦か?
本戦の前から心理戦という名の戦いは始まっている。まーしーが海鮮を食べられないのは祖先が魚類だからやむを得ないが。
丼が揃ったところで、テーブル毎に写真を撮ろうとしたら、「知らない人が写らないようにしてください」とカウンターから一喝。
これも時代か。モントリオールの時はこんなこと言われなかったのにな。

外に出たらKooがソフトを買いに行く。デザートタイム早っ! 先行逃げ切りを図る作戦か。
ゆみこは日本酒を買いに行く。表彰台でのシャンパンファイト用とは準備がいいな。

北竜町ひまわりの里へ。暑い暑い。気分が上がるわ~。
ももぢが脱いだ革ジャンが地面で自立してる。完璧な着地。<ももぢ(E難度)>という技らしい。
雨が少ないせいか、ひまわりが全体的に小さいな。
ひまわりをバックにレンタルモデルと思われる美女を撮影してるおじさんがいる。じゃあ俺らも撮影会。
よっしがあっくんにセクシーポーズを要求している。全裸監督かっ!これさぁ~もうセクハラだよね~(チョコプラ松尾風に読んでください)
きんがスーパー7を軽々押してバックさせている。トレーニングを積んでピークをこの日に合わせてきたのだな。
あまりの暑さにタイガーの秘技「ほっかむり」が炸裂し、会場がどよめいた。

道の駅深川ライスランドへ。気温34度。この暑さに慣れている日本人には有利な展開か。リンゴたっぷりパフェを頂きます。
雨雲レーダーでは札幌近郊は雨雲が広がっているらしい。さっさと帰った方がいいか?いや、ここで諦めたらこの4年が無駄になる。行くぞ。

砂川岩瀬牧場へ。平日なのに意外と人が多いな。おみやを買ってしばしのんびり。ここで解散。
帰り道の風が一番暑かったかも。走ってて熱風が当たってくる感じ。四国を思い出すわ~。
さて今日の結果は…VAR判定により、全員予選落ちです。
(Report : たいちょ)

第401回 恒例乃雪壁覧
5/4 約200km

たいちょTIGER800、よっしS1000XR、ザクVukcan-S、ぷっちんRnineT、じゃらんSV1000、金ZZR1400、獅子、サーヴァーZX10R、ハンスXJR1300、あっくんZ1000、KooMT-09Tracer、なかた、まーしW800、とくダネMonster749、派手HAYABUSA1300、小派手、現場の人間NC700X、ダイゲンPHAZER、チャックPanigaleV2、三位RC-8、ますたかNinja400R、obHAYABUSA1300、ジルZ1000SX、46CBR600RR、ノートレMT-09Tracer、ノーカノ、
去年は春から夏までツーが全然出来ない異常事態でした。今年もあまり状況は変わっていませんが、なんとかファーストランを開催しました。
それでもファーストランにしては、例年よりも少ない人数になりました。更に初参加がいないファーストも相当久しぶりと思われ。
Q、Q夫、ランナーは集合場所のみ参加。ニューバイクはもりぞV-Strom650。

留寿都道の駅へ。気温はさほど低く感じないのだが、走ってる間はとにかく手が冷たい。
ダイゲンは7~8年ぶりの参加ということで、自己紹介。じゃらんも結構久しぶりなのでついでに。その流れで何故かサーヴァーとゲンバーも自己紹介させられるハメに。

パノラマライン。例年よりも明らかに雪の壁が低い。集合写真を撮ってミルク工房へ。
数名がシュークリーム等を食べるが、さすがにソフトの人はいない。
芝生に座り込んでしばらくしゃべって、集合写真を撮って、本日はお昼ご飯なしで解散しました。
短い時間だったけど、楽しかったなぁ。
(Report : たいちょ)

参加者
ツーレポ

↑ PAGE TOP